ニウエ[島](英語表記)Niue Island

世界大百科事典 第2版の解説

ニウエ[島]【Niue Island】

南太平洋,トンガ諸島の東480km,南緯19゜02′,西経169゜55′の海上に位置する隆起サンゴ礁の島。ニュージーランド自治領。面積258km2,人口2300(1994)。住民の大部分はポリネシア系のニウエ人である。ニウエ語はトンガ語に最も近いが,島の北部や南部では方言が存在する。島の中央部はこんもりした森林となっており,集落は海岸に沿っている。熱帯の端に位置するため過ごしやすく快適な気候である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android