コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニウエ[島] Niue Island

1件 の用語解説(ニウエ[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニウエ[島]【Niue Island】

南太平洋,トンガ諸島の東480km,南緯19゜02′,西経169゜55′の海上に位置する隆起サンゴ礁の島。ニュージーランド自治領。面積258km2,人口2300(1994)。住民の大部分はポリネシア系のニウエ人である。ニウエ語はトンガ語に最も近いが,島の北部や南部では方言が存在する。島の中央部はこんもりした森林となっており,集落は海岸に沿っている。熱帯の端に位置するため過ごしやすく快適な気候である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ニウエ[島]の関連キーワードソーヌ[川]ティモール海ネグロ[川](ウルグアイ)バンダ海ウォガ・ウォガグレートダイクタンボフチモール[島]チン[州]ノク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone