ニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈(読み)ニェンチェンタンラさんみゃく(英語表記)gnyan chen thang lha; Nyanqêntanglha shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国西部,チベット (西蔵) 自治区東部にある東西方向の山脈。長さ 900km。主峰のニェンチェンタンラ山は標高 7088mで,ラサ (拉薩) 市の北西方にそびえる。西方に続くカンティセ (岡底斯) 山脈とともに,北方のチャンタン (羌塘) 高原南方ヤルン川の谷とを分ける。中部を越えてチンツァン (青蔵) 道路が通っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android