ニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈(読み)ニェンチェンタンラさんみゃく(英語表記)gnyan chen thang lha; Nyanqêntanglha shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈
ニェンチェンタンラさんみゃく
gnyan chen thang lha; Nyanqêntanglha shanmai

中国西部,チベット (西蔵) 自治区東部にある東西方向の山脈。長さ 900km。主峰のニェンチェンタンラ山は標高 7088mで,ラサ (拉薩) 市の北西方にそびえる。西方に続くカンティセ (岡底斯) 山脈とともに,北方のチャンタン (羌塘) 高原と南方のヤルン川の谷とを分ける。中部の峠を越えてチンツァン (青蔵) 道路が通っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android