コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニエンチェン・タンラ[山脈] ニエンチェンタンラ

百科事典マイペディアの解説

ニエンチェン・タンラ[山脈]【ニエンチェンタンラ】

中国,チベットの南部を東〜西走する全長600kmの山脈。中国名は念青唐古拉。ヒマラヤ山脈の北をほぼ並走し,間にヤルンズアンボ川の谷を隔てる。西につづくカイラス山脈と合わせてヘディンがトランス・ヒマラヤと命名。主峰はニエンチェン・タンラ山で標高7162m,チョモガンガル山(7048m)がこれに次ぐ。
→関連項目ヒマラヤ[山脈]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android