コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクサエダ

海藻海草標本図鑑の解説

ニクサエダ

からだは扁平で線状。多少の肉厚となり,両縁にいくにしたがい薄くなる。オオシコロエゾシコロな どのサンゴモ科藻類の体上に着生し,全面を覆うように固着するが,上端や縁辺または枝先端部などの一部分においては着生する藻体から遊離している事もあ る。分枝は両縁より互生的ではあるが,着生している基物の藻体の形状により大きく変形するため,通常不明瞭である事が多い。皮層は小さな球形から楕円形の 細胞が2〜4層並び,髄層は大きな細胞からなる。手触りは多肉質または軟骨質。生体は濃紅色から褐色がかった紅色。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android