ニクソン演説(読み)ニクソンえんぜつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクソン演説
ニクソンえんぜつ

1971年7月6日,ニクソン大統領が行なった世界の多極化傾向,経済力の国際関係における位置を重視し,しかも世界経済の面でアメリカが近い将来決定力を失うことを強調した演説。アメリカがギリシアローマ衰亡に似た条件をそなえつつあることを国民に警告することを目的にしていた。しかも国際情勢はほぼその予言のとおりに展開し,ことに日本経済の成長に世界の注意がひかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android