コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケフォルス1世 ニケフォルスいっせいNicephorus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケフォルス1世
ニケフォルスいっせい
Nicephorus I

[生]? ゼロイキア
[没]811.7.26. プリスカ近郊?
ビザンチン皇帝 (在位 802~811) 。宮廷内の革命により退位した女帝イレネに代って,財務長官から皇帝に選出された。経済力の復興を目指し,税制の改革 (カプニコンと呼ばれる人頭税の徴収,税支払いの共同責任制の確立など) を実施。防衛力増強のためテマ制度をバルカン半島のマケドニア,ケファラニア,テッサロニカ,ドゥラキオンなどに新設。ブルガリア王クルムのセルディカ占領 (809) に対しては討伐軍を指揮し,クルム王の居城プリスカを1度は占領するが,クルム王の逆襲を受け,全軍敗れて,みずからも戦死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニケフォルス1世の関連キーワードスタウラキウスミカエル1世

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android