ニコライ チェレプニン(英語表記)Nicokai Nikolaevich Cherepninn

20世紀西洋人名事典の解説

ニコライ チェレプニン
Nicokai Nikolaevich Cherepninn


1873.5.15 - 1945.6.26
ソ連のピアノ奏者,作曲家,指揮者
元・ティフリス音楽院院長。
ペテルブルグ生まれ。
法律の仕事を中断し、ペテルブルグ音楽院でリムスキー・コルサコフに学んだ。在学中からピアノ奏者・指揮者として名声を得た。1908〜14年までディアギレフと共に指揮者としてヨーロッパ各都市で活躍した。’08〜18年ペテルブルグ音楽院教授、’18〜21年ティフリス音楽院院長をそれぞれ務める。’21年息子のアレクサンドルと共にパリに亡命し、以後パリに住んだ。主な作品にバレー「ロシアの御伽話」(’23年)、オペラ「媒酌人」(’30年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android