コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[ミュラの] Nicolaus

世界大百科事典 第2版の解説

ニコラウス[ミュラの]【Nicolaus】

3世紀後半小アジアに生まれ,リュキアのミュラMyraの司教となった聖人。生没年および生涯については不詳。11世紀に遺骸がイタリアのバーリに移されたところから,〈バーリのニコラウス〉ともいう。伝説には,貧しくて結婚できない3人の娘のために財布を投げ入れた話,荒れる海を鎮めて船乗りを救った話,誘拐されて桶に漬けられてあった子どもを蘇生させた話などの善行,奇跡が多い。祝日は12月6日で,古くは,その前夜に子どもたちに贈物を届けるとされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のニコラウス[ミュラの]の言及

【サンタ・クロース】より

…Santa Klausとも書く。4世紀に小アジアのミュラの司教であったニコラウスに由来し,聖ニコラウスを意味するオランダ語のSint KlaesまたはSinterklaasが英語でなまってサンタ・クロース(正しくはサンタ・クローズ)となった。ニコラウスの祝日(聖ニコラウスの日)は12月6日で,ヨーロッパ,とくにドイツ,スイス,オランダではその前夜は子どもが楽しみにする贈物の日である。…

※「ニコラウス[ミュラの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android