コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス4世 ニコラウスよんせいNicolaus IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス4世
ニコラウスよんせい
Nicolaus IV

[生]1227.9.30. アスコリピチェノ近郊
[没]1292.4.4. ローマ
アスコリピチェノ近郊出身の第191代教皇(在位 1288~92)。本名 Girolamo Masci。フランシスコ修道会出身の初の教皇。フランシスコ修道会総会長(1274~79)を務め,1281年にパレストリーナの司教枢機卿(→カーディナル)に叙任された。ホノリウス4世の死後 10ヵ月の空位ののち,1228年2月教皇に選出された。枢機卿団に教皇庁の収入の半分を与え,教会内での枢機卿の地位を高めた。南イタリア,シチリアの政情安定に尽力。聖地におけるイスラム勢力に対抗するためモンゴル帝国との同盟を企図し,宣教師モンテ・コルビーノらをフビライ・ハンの宮廷に派遣するなど,中国布教の第一歩をしるした。また,サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂やサンタ・マリア・マジョーレ聖堂を改修した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ニコラウス4世

生年月日:1227年9月30日
教皇(在位1288〜92)
1292年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ニコラウス4世の関連キーワードモンテ・コルビノモンテ・コルビノラバン・ソーマバール・ソーマコインブラ大学リヨン大学ホノリウスリエティ生年月日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android