ニコラウス5世(読み)ニコラウスごせい(英語表記)Nicolaus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラウス5世
ニコラウスごせい
Nicolaus V

[生]1397.11.15. サルツッナ
[没]1455.3.24. ローマ
教皇 (在位 1447~55) 。本名 Tommaso Parentucelli。ボローニャで学び,1444年同地大司教。バーゼル公会議による混乱を収め,対立教皇フェリクス5世を 49年に屈服させた。 52年皇帝フリードリヒ3世にローマで加冠。 50年ニコラウス・クザーヌスを使節としてドイツ,ボヘミアの改革を促進した。学芸を奨励し,多くの聖堂を修築し,手写本を集めてバチカン図書館の充実に尽力。人格もすぐれ,ルネサンス期最大の教皇とされる。

ニコラウス5世
ニコラウスごせい
Nicolaus V

[生]?. コルバーロ
[没]1333.10.16. アビニョン
教皇ヨハネス22世(在位 1316~34)の対立教皇(在位 1328~30)。本名 Pietro Rainalducci; Pietro Rainallucci。フランシスコ修道会の修道士で,神聖ローマ帝国における最後の対立教皇となった。ヨハネス22世に破門されていた神聖ローマ皇帝ルートウィヒ4世(在位 1314~47)の威光のもと,ローマで聖職者と一般信者を集めて開かれた会議で選出されたが,それ以外の支持はほとんど得られなかった。1329年4月,ヨハネス22世に破門されたのち,恩赦を保証され,1330年8月に教皇座を放棄した。没するまで,アビニョンの教皇宮殿で名誉ある虜囚として過ごした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ニコラウス5世

生年月日:1397年11月5日
教皇(在位1447〜55)
1455年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android