コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキソウ(錦草) ニシキソウEuphorbia pseudochamaesyce

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキソウ(錦草)
ニシキソウ
Euphorbia pseudochamaesyce

トウダイグサ科の一年草。アジア東部の暖温帯に広い分布をもち,日本でも北海道を除く各地や南西諸島,小笠原諸島などで路傍や畑の雑草となっている。茎は根に近いところからふたまた,ふたまたと多数分れて,地面をおおうように伸び,紅色で,切ると白い液汁が出る。葉は対生し,長楕円形で,長さ5~15mmあり,表面は緑色,裏面は白緑色をしている。基部には線形で3深裂した托葉がある。夏から秋にかけて,枝の先や葉腋に赤紫色の花序をつける。この花序にはさらに数個の小さな杯状花序がつき,その中に数個の雄花と1個の雌花とがあって,鐘状総包をもつ。果実は扁卵形の 蒴果となる。本種によく似ているコニシキソウ E. supinaは北アメリカ原産で,明治年間に渡来して日本各地に雑草として帰化している。やや小型なことと,葉の表面に暗紫色の斑点があること,果実が卵球形で短毛が生えている点が異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニシキソウ(錦草)の関連キーワードトウダイグサ科