コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニジマス(虹鱒) ニジマスrainbow trout

翻訳|rainbow trout

世界大百科事典 第2版の解説

ニジマス【ニジマス(虹鱒) rainbow trout】

サケ目サケ科ニジマス属の1種(イラスト)。体側ににじ色の帯状に輝いた部分が幅広く縦走しているところからこの名がついた。体側には,このほかに緑色の斑紋と,腹部を除いた部分および背びれ,あぶらびれ,尾びれなどに小黒点が散在している。全長40cmになる。アメリカではニジマスの中に海に下るものがあり,北洋漁業の際に漁獲されることがあり,ショマと呼ばれ,1mに達するものがある。これは,スチールヘッドトラウトとともに別亜種とされていたが,現在はニジマスと同一種名で呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニジマス(虹鱒)の言及

【在来マス】より

…日本古来から生存していたサケ・マス類の総称。輸入種であるニジマス(イラスト)その他が全国に普及するにつれ,それに対比させて生まれたことば。日本におけるマス類の養殖の始まりは,1877年アメリカのカリフォルニア州シャスタのニジマス卵を東京に輸入してからで,第2次世界大戦後,冷凍技術が確立してアメリカへ輸出するようになって急速に日本各地に養殖場が開設され生産量が増大した。…

※「ニジマス(虹鱒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android