コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニセクロハツ

2件 の用語解説(ニセクロハツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニセクロハツ

ベニタケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニセクロハツ
にせくろはつ / 偽黒初
[学]Russula subnigricans Hongo

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科の毒キノコ。傘は径5~11センチメートル、初めまんじゅう形で、のちに浅い漏斗(ろうと)状となる。傘の表面はややビロード状で黒褐色。肉は厚く、硬く締まって白色だが、割って空気に触れると赤みを帯びる。ひだは厚くてまばら。淡いクリーム色で、傷つけると赤くなる。茎は3~6センチメートル×1~2.5センチメートルで淡灰褐色、硬いが砕けやすい。胞子はほぼ球形で無色。表面には微細ないぼと網目があり、大きさは7~9マイクロメートル×6~7マイクロメートル。夏から秋、シイ、カシなどの常緑広葉樹林に生える。日本特産種で、本州から九州に分布する。食菌のクロハツR. nigricans Fr.に似るが、区別は次の点でつけられる。クロハツの傘は初め白っぽく、のちに黒褐色に変わるほか、切断すると白い肉が赤から黒に変わる。これに対し、本種では、傘の色は初めから暗褐色、肉は赤く変わるが、黒くはならない。ニセクロハツによる中毒は、これまでに京都府と大阪府で3回あり、10人が食べて3人の死者を出している。クロハツに似たキノコは絶対に食べないという配慮が必要である。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニセクロハツの言及

【ベニタケ(紅茸)】より

…種を見分ける重要な特徴になる。毒キノコはニセクロハツR.subnigricans Hongo(イラスト)が知られているだけであるが,黒いベニタケ属のキノコは食べないほうがよい。【今関 六也】。…

※「ニセクロハツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニセクロハツの関連情報