ニセラーゴカブリダニ(読み)にせらーごかぶりだに

世界大百科事典内のニセラーゴカブリダニの言及

【カブリダニ】より

…獲物にかぶりつくのが名の由来。日本からは60種以上が知られ,日本全土にいるケナガカブリダニAmblyseius longispinosus,西日本に多いニセラーゴカブリダニA.eharaiは代表的。地中海沿岸,チリが原産のチリカブリダニPhytoseiulus persimilisは,ハダニを常食とし,捕食力,繁殖力が大きいので世界的に注目され,日本でも施設園芸におけるハダニの生物的防除に用いる試みがなされつつある。…

※「ニセラーゴカブリダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android