ニック メーソン(英語表記)Nick Mason

現代外国人名録2016の解説

ニック メーソン
Nick Mason

職業・肩書
ロック・ドラマー

国籍
英国

生年月日
1945年1月27日

出生地
ウェストミッドランズ州バーミンガム

グループ名
グループ名=ピンク・フロイド〈Pink Floyd〉

学歴
リージェント・ストリート建築工芸学校

経歴
幼い頃からバイオリン、ピアノを習う。リージェント・ストリート建築工芸学校時代、ロジャー・ウォーターズ、リック・ライトらとシグマ6を結成し、ドラムスを担当。1965年これにシド・バレットを加えてピンク・フロイドを結成し、’67年シングル「アーノルド・レイン」でデビュー、同年ファーストアルバム「夜明けの口笛吹き」をリリースした。当初はシドを中心としたサイケデリックなギター・サウンドを基調とし、’68年のシド脱退後はウォーターズ主導の大作を中心としたプログレッシブ・ロック路線に転換するが、一貫して穏やかなドラミングでバンドのサウンドを支えた。’71年ピンク・フロイドとして初の来日。’73年発表のアルバム「狂気」が初の全米1位を獲得、現在に至るまで約3000万枚を売り上げたロックの古典的名盤となった。’83年アルバム「ファイナル・カット」を発表した後、メンバー間の音楽に関する方向性の違いからウォーターズが脱退したため、バンドとしての活動を停止。この間、’81年にカーラ・ブレイと共同で初のソロアルバム「空想感覚」を発表。’84年にはリック・フェンとのジョイントアルバムとして「プロファイルス―ピンクの進化論」をリリースした。一方、音楽プロデューサーとしても活躍し、半身不随となる重傷を負ったロバート・ワイアットの復活作「ロックボトム」(’74年)やダムドの「ミュージック・フォー・プレジャー」(’77年)などを手がけた。’87年ギルモア、ライトとともにピンク・フロイドを再結成し、アルバム「鬱」をリリース。さらに’94年に発表したアルバム「対」が英米でチャート1位に輝き、それに続いて大規模なワールドツアーを行うなど旺盛に活動したが、’96年ロックの殿堂入り後にバンドとしての活動を再び休止した。ウォーターズとは確執が伝えられてきたが、2002年ウォーターズのコンサートに飛び入りで参加して他のメンバーに先駆けて和解を果たす。2005年アフリカの貧困撲滅を目的としたチャリティー・イベント、ライブ・エイトでメンバー4人が一同に会してピンク・フロイドの再結成コンサートを行い、話題となる。2014年、2008年に亡くなったリック・ライトへのトリビュートとして、ピンク・フロイドとしては20年ぶりとなるアルバム「永遠」をリリース。ピンク・フロイドとしての他のアルバムに「神秘」「原子心母」「おせっかい」「ザ・ウォール」「PULSE」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ニック メーソン
Nick Mason


1945 -
ドラム奏者。
1966年に結成されたイギリスのロックグループ「ピンク・フロイド」のドラム奏者。リズム・アンド・ブルースからスタートするが、スタート時のボーカルのバレット Sの影響で、宇宙幻想的な音楽へと転向。代表作品に「原子心母」(’70年)や「狂気」(’73年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android