コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル‐カドミウム電池 ニッケルカドミウムでんち nickel‐cadmium cell

1件 の用語解説(ニッケル‐カドミウム電池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニッケルカドミウムでんち【ニッケル‐カドミウム電池 nickel‐cadmium cell】

陽極活物質に酸化水酸化ニッケルNiO(OH),陰極活物質にカドミウムCd,電解液に水酸化カリウムKOHを用いた蓄電池で,代表的なアルカリ電池である。充放電の反応は,で,全反応は,である。 極板の形式からユングナー型(ユングナー電池)と焼結型(焼結式蓄電池)に分かれる。ユングナー型極板は,ニッケルめっきした孔あき鋼板製チューブまたはポケットに活物質を充てんし,加圧成形してつくられる。焼結型極板は,カルボニルニッケルを焼結してつくった多孔質基板中に,陰極の場合にはカドミウムを活物質として充てんし,陽極の場合にはNiO(OH)を活物質として充てんしたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のニッケル‐カドミウム電池の言及

【アルカリ蓄電池】より

…陽極および陰極の起電反応,標準単極電位は表2のとおりで,アルカリ蓄電池の起電力はほぼ両極の標準単極電位の差になる。 これらのうちで最も広く用いられているのはニッケル‐カドミウム電池であり,通常アルカリ蓄電池といえばこの電池を指す。これはさらに電極のつくり方の違いにより,ユングナー電池と焼結式電池に分類される。…

※「ニッケル‐カドミウム電池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニッケル‐カドミウム電池の関連キーワード過酸化ナトリウム過酸化バリウム還元剤水酸化物イオン水酸化鉄水酸化銅酸化銀電池水酸化二酸化鉛ニッケル乾電池

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone