コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル‐カドミウム電池 ニッケルカドミウムでんちnickel‐cadmium cell

1件 の用語解説(ニッケル‐カドミウム電池の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニッケルカドミウムでんち【ニッケル‐カドミウム電池 nickel‐cadmium cell】

陽極活物質に酸化水酸化ニッケルNiO(OH),陰極活物質にカドミウムCd,電解液に水酸化カリウムKOHを用いた蓄電池で,代表的なアルカリ電池である。充放電の反応は,で,全反応は,である。 極板の形式からユングナー型(ユングナー電池)と焼結型(焼結式蓄電池)に分かれる。ユングナー型極板は,ニッケルめっきした孔あき鋼板製チューブまたはポケットに活物質を充てんし,加圧成形してつくられる。焼結型極板は,カルボニルニッケルを焼結してつくった多孔質基板中に,陰極の場合にはカドミウムを活物質として充てんし,陽極の場合にはNiO(OH)を活物質として充てんしたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のニッケル‐カドミウム電池の言及

【アルカリ蓄電池】より

…陽極および陰極の起電反応,標準単極電位は表2のとおりで,アルカリ蓄電池の起電力はほぼ両極の標準単極電位の差になる。 これらのうちで最も広く用いられているのはニッケル‐カドミウム電池であり,通常アルカリ蓄電池といえばこの電池を指す。これはさらに電極のつくり方の違いにより,ユングナー電池と焼結式電池に分類される。…

※「ニッケル‐カドミウム電池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ニッケル‐カドミウム電池の関連キーワードニカラグアの要覧反強磁性ボサノバ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone