コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッサンプリンスロイヤル S390P-1型

1件 の用語解説(ニッサンプリンスロイヤル S390P-1型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ニッサンプリンスロイヤル S390P-1型

天皇陛下の御料車として、数台作られた稀少車。『自動車最高峰を国産車で』を合い言葉にわが国最初の貴賓用リムジンとして開発。エンジンは、V8の6373ccエンジンを新開発。安全性、信頼性の確保のため、ブレーキと燃料系は完全二重系統式とした。できるだけ国産部品を採用する方針であったが、開発期間や信頼度の点からATはGM製を採用。発表はプリンス自工と日産自動車の合併後。保管場所日産自動車(株)商品開発企画室 (〒243-0126 神奈川県厚木市岡津古久560-2)
製作(製造)年1967
製作者(社)日産自動車株式会社
資料の種類その他
現状保存・非公開
車名ニッサン プリンス ロイヤル
モデル名S390P-1型
会社名日産自動車(株)
製作開始年1967
車種・用途乗用車
スタイルリムジン
ドア数4ドア
乗員8名
車両重量3200kg
エピソード・話題性天皇陛下の御料車。
全長6155mm
全幅2100mm
全高1770mm
タイヤサイズ゙8.90-15
フレーム箱型断面梯子式Xメンバー付
前軸ダブルウィッシュボーン式
後軸反浮動式リーフ・スプリング式
軸距3880mm
前トレッドx後トレッド1650×1700mm
ステアリングリサーキュレーティング・ボール式
ダンパー油圧筒型複動式
冷却/気筒配列水冷/V型8気筒
弁機構OHV
排気量6373cc
燃料タンク容量100L
ハイブリッドシステム形式なし
変速機3速AT
駆動方式FR
モード燃費-
参考文献1)日産自動車広報資料、2)天皇の御料車、二玄社
その他事項前照灯:4灯;足ブレーキ:油圧4輪制御式;手ブレーキ:後2輪機械式;最高速度:160km/h;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニッサンプリンスロイヤル S390P-1型の関連キーワード御料御料所今上陛下御料車世伝御料天皇陛下昼の御座陛下皇室御料我御料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone