ニホンクビワコウモリ(読み)にほんくびわこうもり

世界大百科事典内のニホンクビワコウモリの言及

【クビワコウモリ(首輪蝙蝠)】より

…ユーラシア,アフリカ,オーストラリア,アラスカからアルゼンチンまで分布し,約35種があり,体長3.5~7.5cm,前腕長は2.8~5.5cmまで大きさはさまざまである。日本には北海道にキタクビワコウモリ(ヒメホリカワコウモリ)E.nilssoni parpusと,本州にニホンクビワコウモリ(クビワコウモリ)E.japonensisの2種がいる。日本における発見は近年で,ニホンクビワコウモリは北アルプスの山ろく,富士山ろく,秩父の山岳地帯から知られ,北海道のキタクビワコウモリは森林限界で捕獲され,どちらも森林にすむ種と思われる。…

※「ニホンクビワコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android