コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンミツバチとセイヨウミツバチ

1件 の用語解説(ニホンミツバチとセイヨウミツバチの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニホンミツバチとセイヨウミツバチ

ニホンミツバチ上=は、トウヨウミツバチの亜種で日本在来の種。色は黒っぽい。開発などの影響で、絶滅の危機に瀕(ひん)していた時期もあったが、最近は都市部でも見かけるようになった。セイヨウミツバチ=同下=はもともとアフリカヨーロッパに生息。養蜂用に飼いならされ「家畜化」された。日本には明治期に移入され、増えた。しかし最近は中国などから安いハチミツの輸入が増え、飼養者数もハチミツ生産量も減っている。「蜂群崩壊症候群(CCD)」と呼ばれるミツバチの大量死は、米国で06年秋以降広がったが、原因は特定されていない。日本でも08年に大量死が確認されている。農水省によると、年に1万群を超えるハチが海外から輸入されてきたが、病気が見つかったことで08年から事実上ストップし、今春は交配用のハチ不足が問題になった。

(2009-09-19 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニホンミツバチとセイヨウミツバチの関連キーワード蜂蜜ボンゼルス養蜂海燕女王蜂三葉芹蜜蜂西洋蜜蜂セイヨウミツバチ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニホンミツバチとセイヨウミツバチの関連情報