ニホンライチョウ復活計画(読み)にほんらいちょうふっかつけいかく

知恵蔵miniの解説

中央アルプスで絶滅したとされていたニホンライチョウ生息を復活させる環境省の計画。国の特別天然記念物であるニホンライチョウは、ライチョウの中で最も南に分布する日本固有の亜種で、中央アルプスにも生息していた記録が残っている。同地域での個体群は絶滅したとされていたが、2018年に中央アルプスの白山で70年ぶりにメスの個体1羽が生息していることが確認され、環境省が保護事業計画を進めている。20年には人工孵化北アルプスの19羽の親子を中央アルプスに移送するなどの事業が行われた。環境省は、5年ほどかけて中央アルプスのライチョウの生息数を100羽まで増やすことを目指している。

(2021-1-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android