コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニマットラー・ワリー ニマットラー・ワリーNi`mat-allāh Walī; Shāh Nūr al-Dīn Ni`mat-Allāh b. `Abd-Allāh Kirmānī

1件 の用語解説(ニマットラー・ワリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニマットラー・ワリー
Ni`mat-allāh Walī; Shāh Nūr al-Dīn Ni`mat-Allāh b. `Abd-Allāh Kirmānī

[生]1329/1330. アレッポ
[没]1431
イラン,チムール朝期の高名な聖者,詩人。ニマットラーヒー神秘主義教団の創設者。 24歳のときメッカを訪れ,ヤーフィイー Shaykh `Abd-Allāh Yāfi`ī (1367没) の弟子となる。その後サマルカンド,ヘラート,ヤズドなどを経てケルマーン付近のマーハーンに落ち着く。チムール朝シャー・ルフをはじめ多くの貴顕たちの帰依を受け,1431年没した。著作として,1万 4000句に上る詩集"Dīvān"と神秘主義に関する多数の論文がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニマットラー・ワリーの関連キーワード元徳二階堂貞藤高階隆兼世良親王嘉暦経世大典元徳三峰山黙庵霊淵ブルース

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone