コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヤマ niyama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニヤマ
niyama

インドの正統バラモン哲学派の一つヨーガ学派による,修行実践の8種のなかの一つで,内制のこと。内外ともに清浄であること,満足,苦行学修最高神に専念することをいい,不殺生をはじめとする制戒とともに,精神集中のための準備の条件である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のニヤマの言及

【ヨーガ学派】より

…ヨーガの実習法としては,8実習法が重要であるとされる。それは,(1)制戒(ヤマ),(2)内制(ニヤマ),(3)座法(アーサナ),(4)調息(プラーナーヤーマ),(5)制感(プラティヤーハーラ),(6)総持(凝念,ダーラナー),(7)禅定(静慮,ディヤーナ),(8)三昧(等持,サマーディ)である。制戒というのは,不殺生,真実(不妄語),不盗,不淫,無所有という五戒を守ることである。…

※「ニヤマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニヤマの関連キーワード秋田県大館市比内町大葛大くぞ金山ふるさと館オオヤマザクラ榛名神社サクラ月待厠神