コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヤ洞穴化石人骨 ニヤどうけつかせきじんこつNiah cave fossils

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニヤ洞穴化石人骨
ニヤどうけつかせきじんこつ
Niah cave fossils

マレーシアのサラワクにあるニヤ洞穴から発見されたホモ・サピエンスの化石人骨。ニヤ洞穴は更新世後期より人類の居住するところとなっており,以後ほとんどとぎれることなく人間の住居となってきた。 1954年,T.ハリソンによる最初の考古学的発掘によって,過去の人類の居住の重要な跡が発見された。最も古いフレークやチョッパーは約4万年前にさかのぼる。最も重要な遺物として,約3万 8000年前の思春期の少年の骨格が発見された。これは極東における最古のホモ・サピエンスの遺骨である。この骨は,ジャワのソロ人,アフリカのカブウェ人,ヨーロッパの典型的ネアンデルタール人などに比べてはるかにきゃしゃで現代的な形態をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニヤ洞穴化石人骨の関連キーワードネアンデルタールカブウェ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android