ニューカレドニア移民

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニューカレドニア移民

19世紀、同島に世界有数のニッケル鉱山が発見され、1892年に鉱山労働者としての日本人の渡航が始まった。現地の鉱山会社と契約を交わした男性が単身で「出稼ぎ」に行く事例が多数を占め、20世紀初頭までに約5600人が移住。契約が切れた後も、農園商店の経営を軌道に乗せて現地に残った人が多かった。

(2006-08-11 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android