コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューカレドニア移民

1件 の用語解説(ニューカレドニア移民の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニューカレドニア移民

19世紀、同島に世界有数のニッケル鉱山が発見され、1892年に鉱山労働者としての日本人の渡航が始まった。現地の鉱山会社と契約を交わした男性が単身で「出稼ぎ」に行く事例が多数を占め、20世紀初頭までに約5600人が移住。契約が切れた後も、農園や商店の経営を軌道に乗せて現地に残った人が多かった。

(2006-08-11 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューカレドニア移民の関連キーワードICIニッケルオデオンニッケルクロム鋼モネルメタル珪ニッケル鉱ニッケル鋼ニッケル銅ニッケル鍍金ニッケル水素蓄電池ビエリチカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone