コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュータウン(NT)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニュータウン(NT)

19世紀末、英国のエベネザー・ハワードが提唱した「田園都市」構想が起源とされる住宅街。20世紀に入り、米国のクラレンス・ペリーが小学校区を一つの単位として、住宅や商店、公園などを計画的に配置する「近隣住区論」を発表し、各国のNT開発に大きな影響を与えた。国土交通省によると、1963年に施行された新住宅市街地開発法に基づき、自治体住宅供給公社などが開発したNTは2010年12月末現在、全国に51カ所ある。

(2011-03-13 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

ニュータウン(NT)

高度経済成長期、大都市圏に人口が集中したのを受けて、日本住宅公団(現都市再生機構)などが郊外に開発。主にファミリー層向けに画一的な住戸を大量に供給した。国土交通省によると、新住宅市街地開発法に基づいて開発されたNTは全国に53カ所あり、京都や大阪、兵庫、奈良の4府県では19カ所。鉄道会社の沿線開発なども含めれば「数え方によっては千を超える」(国交省)という。

(2012-03-11 朝日新聞 朝刊 関西総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ニュータウン(NT)の関連キーワード仙台泉プレミアム・アウトレットウェリンガーデンシティー泉パークタウン タピオイーストキルブライド東京都中央卸売市場ヘメルヘムステッド鳩山ニュータウンスティーブニッジ泉北ニュータウン大阪府堺市南区大阪狭山[市]高度経済成長期千葉県印西市ニュータウン大阪府豊中市東京都稲城市飛べない羽根デベロッパークンブラン白井[町]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニュータウン(NT)の関連情報