コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューディール諸法 ニューディールしょほう

1件 の用語解説(ニューディール諸法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューディール諸法
ニューディールしょほう

1930年代に F.ルーズベルト政権期に実施されたニューディール政策の一貫として制定された諸法律のこと。統制経済的内容と権力の行政部への一元集中的傾向を有するのが特徴である。特に有名なのは,全国産業復興法 (NIRA) で,各産業部門のカルテル化を促進し,広範な権限を有する全国復興局を設置して企業活動を統制するとともに,最低労働条件を規定するなど経済の国家統制をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューディール諸法の関連キーワードニューディール炉辺談話ゴルカルルーズベルト物語ビッソンルーズベルト,F.D.ルーズベルト,T.ローズベルト[湖]《ローズベルトと1941年の開戦》マッシャーズベルト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone