ニュートリノの振動と質量

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三つの型があるニュートリノが飛行中に変身することを「振動」と言い、スーパーカミオカンデが初めて観測した。アインシュタインの特殊相対性理論では、光速で進む物の時間は進まず、また、質量のある物は光速にはなれない。光速と思われていたニュートリノが変身して時間が進んだのを確認できたことは、わずかに質量があることを証明する大きな発見となった。

(2019-09-15 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android