ニューヨーク外債市場(読み)ニューヨークがいさいしじょう(英語表記)New York Foreign Bond Market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューヨーク外債市場
ニューヨークがいさいしじょう
New York Foreign Bond Market

無担保による債券発行が主であり,機関投資家による投資,格付機関による債券の格付けを行なうニューヨーク市場の一つ。 1963年の利子平衡税の導入,それに続く対外投融資規制により,債券発行の中心はニューヨーク外債市場からユーロ・ボンド市場へと移った。しかし,74年利子平衡税が廃止されるとニューヨーク外債市場は再び活況を取り戻した。ニューヨーク市場での公募債の発行の際には,証券取引委員会への登録と財務諸表の提出が義務づけられており,その審査を経なければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android