コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューヨーク外国為替市場

1件 の用語解説(ニューヨーク外国為替市場の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ニューヨーク外国為替市場

外国為替取引は買い手と売り手がいればいつでも売買が成立する相対取引であり、為替の取引所があるわけではない。世界各国で24時間取引が行われており、ニューヨークの銀行を中心とした取引が活発になる午後10時から午前6時(日本時間)くらいまでのこと、またその時間帯の取引と市場参加者全体を指して「ニューヨーク外国為替市場」と呼ぶ。ロンドン市場に次ぎ、世界2位の取引高。ニューヨーク時間の午前中はロンドン市場と重なる為、活発な取引が行われるが、午後は5時で決済日が変わることもあり極端に減少する。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューヨーク外国為替市場の関連キーワード外国為替銀行アウトライト取引為銀主義直取引相対取引売手アスク(Ask)オファー(Offer)ロンドン外国為替市場東京外国為替市場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニューヨーク外国為替市場の関連情報