コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団 ニューヨークシティバレエだんNew York City Ballet

世界大百科事典 第2版の解説

ニューヨークシティバレエだん【ニューヨーク・シティ・バレエ団 New York City Ballet】

カーステーンLincoln Kirstein(1907‐96)を総支配人とし,G.バランチンを芸術監督とするアメリカのバレエ団。現在の名称になったのは1948年からだが,クラシック・バレエをアメリカに根付かせるため,常設的なバレエ団の創設をカーステーンが考えて,1933年パリからバランチンを招いたのが始まりだった。翌34年1月2人はまずバレエ団をつくる素地としてアメリカン・バレエ学校を開校,翌35年には同校出身者から成る巡業用のアメリカン・バレエ団を創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のニューヨーク・シティ・バレエ団の言及

【バレエ】より

… アメリカもまた,これといったバレエ団のない国であったが,1933年〈バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ〉のアメリカ訪問以来,急激にバレエが盛んになった。ことにバランチンを主とするアメリカン・バレエ学校の設立(1934)によって,多くのアメリカ人の舞踊家を輩出するようになり,それは今日の〈ニューヨーク・シティ・バレエ団〉の母体となった。このバレエ団は,バランチンのストーリーのない〈抽象バレエ〉を多く上演しており,これは新しい時代の新しいバレエとして注目され,その影響は全世界に及んでいる。…

【ロビンズ】より

…44年L.バーンスタインの音楽でバレエ《ファンシー・フリー》を初めて振付け大成功をおさめた。49‐59年,ニューヨーク・シティ・バレエ団(シティ・バレエ)の芸術監督補佐として,ストラビンスキーの音楽による《檻(おり)》(1951),ドビュッシーの音楽による《牧神の午後》(1953)などを振付け,57年にはバーンスタインの音楽によるブロードウェー・ミュージカル《ウェスト・サイド物語》の振付で,世界的な名声を得た。58年と61年のスポレート音楽祭出演のために〈バレエUSA〉を創立したが,長続きせず,69年〈シティ・バレエ〉に復帰した。…

※「ニューヨーク・シティ・バレエ団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニューヨーク・シティ・バレエ団の関連キーワードロビンズ(Jerome Robbins)ダンシズ・アット・ア・ギャザリングチャイコフスキー・パ・ド・ドゥケイ(Nora Kaye)イーサン スティーフェルニーナ アナニアシヴィリコンチェルト・バロッコピーター マーティンスウィントン マルサリスミハイル バリシニコフイーゴリ ゼレンスキースコッチ・シンフォニーロバート テューズリーアシュレイ ボーダージェローム ロビンズマリア コウロスキーイアン ファルコナーファンシー・フリーニコライ ヒュッベダーシー キスラー

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューヨーク・シティ・バレエ団の関連情報