コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューラルコンピューティング neural computing

世界大百科事典 第2版の解説

ニューラルコンピューティング【neural computing】

生物の脳の神経細胞(ニューロン)や神経回路網(ニューラルネットワーク)の情報処理様式に学んで,脳の高度な情報処理機能の人工的実現を目指す新しいタイプの情報処理手法の総称。ニューロコンピューティングとも呼ぶ。
[脳とコンピューター]
 脳とコンピューターは,この世の中に実在する高度な情報処理系の双璧であるが,その持ち味は大きく異なっている。コンピューターは,大規模な単純計算をきわめて正確かつ高速に実行することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android