コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュー・ジャーマン・シネマ Junger Deutscher Film[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

ニュー・ジャーマン・シネマ【Junger Deutscher Film[ドイツ]】

第2次世界大戦直後のイタリアの〈ネオレアリズモ〉,1950年代末のフランスの〈ヌーベル・バーグ〉などに次いで,ようやく60年代末から70年代にかけて西ドイツで起こった新しい映画の動きがこの名で呼ばれる。戦後のドイツ映画は,25年の歴史をもつウーファ社の解体に象徴されるように衰退と消滅の一途をたどり,東西ドイツに分割されて力を失い,西ドイツでは,それでも,ナチスの犯罪を告発し,荒廃飢餓の現状を訴える〈瓦礫(がれき)映画Trümmerfilme〉のなかからヘルムート・コイトナー(《最後の橋》1954),次いでベルンハルト・ビッキ(《橋》1959)というすぐれた才能が輩出するが,ともにハリウッドに吸収され,そのあとに残されたものは,ベルリンでつくられていた〈労働者映画Arbeiterfilme〉とミュンヘンでつくられていた〈郷土映画Heimatfilme〉という母もの映画やメロドラマだけというありさまであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニュー・ジャーマン・シネマの関連キーワードヘルツォーク(Werner Herzog)ライナー・ウェルナー ファスビンダージャン・マリー ストローブフォルカー シュレンドルフヴェルナー ヘルツォークヴィム ヴェンダースV. シュレンドルフユルゲン プロホノフW. ヘルツォークアギーレ・神の怒りアギーレ,神の怒りブルーノ ガンツヌーベル・バーグファスビンダーシュレンドルフベンダース

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニュー・ジャーマン・シネマの関連情報