コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンギョウタケ(人形茸) ニンギョウタケPolyporus confluens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンギョウタケ(人形茸)
ニンギョウタケ
Polyporus confluens

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。マツ林内の地上に群生する。キノコは不正円形,扇形またはへら形の傘をつくり,下部は柄となって互いに合着して枝分れしたような形になる。その一塊の大型のものは 20~30cmにも及ぶ。傘の径は3~10cm,厚さ1~3cmで生のうちは肌色または黄褐色,乾くと栗褐色となる。縁は浅裂して波状になる。下面には細かな管孔が密生する。食べられる。本州,四国に産し,サハリン北アメリカヨーロッパオーストラリアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android