コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンジンボク(人参木) ニンジンボクVitex cannabifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンジンボク(人参木)
ニンジンボク
Vitex cannabifolia

クマツヅラ科の落葉低木。中国原産で,台湾や日本の暖地では庭木として植えられることがある。枝は対生し,葉は3~5枚の小葉から成る掌状複葉で長い柄をもつ。小葉は広披針形で裏面には短毛があり,縁には鋸歯がある。夏に,葉のつけ根から円錐花序をなして,淡紫色で唇形の小花を多数階段状につける。は5裂し毛がある。花冠は萼の約2倍の長さで,4本のおしべが花冠より長く飛出し,めしべの柱頭はふたまたに分れる。果実は小型の倒卵形石果で黒く熟する。果実は牡荊子 (ぼけいし) と呼び感冒薬にされる。和名は葉の形が薬用のチョウセンニンジンに似ていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニンジンボク(人参木)の関連キーワードクマツヅラ科

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android