ヌエバ・カセレス(読み)ぬえばかせれす

世界大百科事典内のヌエバ・カセレスの言及

【ナガ】より

…人口10万3000(1994)。1573年に建設されたフィリピン最古のスペイン集落の一つで,旧称をヌエバ・カセレスNueva Caceresといい,長い間ビコル地方における植民地支配,カトリック教会行政の中心地であった。マニラからビコル半島に抜ける鉄道,幹線道路はすべてここに集まる交通の要衝であるとともに,肥沃で広大なビコル平野を後背地にもつ一大商業中心地であり,州都のみならずビコル地方全体の行政中心でもある。…

※「ヌエバ・カセレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android