コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌカカ(糠蚊) ヌカカbiting midge

1件 の用語解説(ヌカカ(糠蚊)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヌカカ【ヌカカ(糠蚊) biting midge】

双翅目ヌカカ科Ceratopogonidaeの昆虫の総称。約60属に分かれ,このうち4属は人畜から吸血する衛生害虫である。いずれも体長1~2mmと小型で,多くが翅に斑紋をもち,静止するときは翅を重ね合わせる。日本産のヌカカのうち約20種の雌が人吸血性をもつとされている。おもに朝夕屋外で,肌の露出部,ときに衣服の内側に入って吸血する。幼虫は池,沼,川などの底に発生するので,刺咬被害はこうした発生場所付近で多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone