ヌニェス・カベサ・デ・バカ(読み)ぬにぇすかべさでばか(英語表記)Alvar Núñez Cabeza de Vaca

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌニェス・カベサ・デ・バカ
ぬにぇすかべさでばか
Alvar Nez Cabeza de Vaca
(1500?―60?)

スペインの探検者。カディス州のヘレス・デ・ラ・フロンテラの生まれ。パンフィロ・デ・ナルバエスPnfilo de Narvez(1480?―1528)指揮のフロリダ遠征に参加し、メキシコ湾北岸を西へ探検中、1528年、一行の船隊はミシシッピ河口通過後遭難した。漂着したマルアダ島ではインディアンの捕虜となり飢えなどに苦しんだが、島を脱出し、ほかの3人とともに現アメリカ合衆国南西部を流浪して1536年メキシコ市に生還した。1540年リオ・デ・ラ・プラタ総督に任命され、1542年イグアス滝を発見した。その波瀾(はらん)に満ちた体験を『遭難記』に著した(1542)。[青木康征]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android