コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマンチア Numantia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマンチア
Numantia

スペインドーロ川上流,今日のソリア付近の丘の上に建設されたケルト・イベリア人の古代の町。前195年のカトー(大)の遠征以降,数回にわたって行なわれたローマの攻撃に対する果敢な抵抗で知られたが,前133年 6000の兵を率いて 4000のヌマンチア人を 8ヵ月間包囲したスキピオ・アエミリアヌスの飢餓戦術によりついに陥落,滅亡した。これはスペインにおけるローマへの組織的抵抗の終焉を画した。ローマ皇帝アウグスツス(在位前27~後14)の時代に再建されたが,ふるわなかった。1905~12年アドルフ・シュルテンによってその遺跡が発掘され,当時のもようが明らかにされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌマンチアの関連キーワードグラックス兄弟マリウス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android