ヌムール(公家)(読み)ヌムール[こうけ](英語表記)Nemours, Ducs des

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌムール(公家)
ヌムール[こうけ]
Nemours, Ducs des

フランス北部のヌムールを支配した名門貴族。 1404年ナバール (ナバラ) 王シャルル3世がこの地に封じられ,公領が創設された。その後公領はアルマニャック家,メディチ家,サボイア家へと移るが,歴代の公のうち,反逆罪で斬首されたジャック・ダルマニャック (在位 1462~77) ,猛将であったのみならず宮廷社交界で大きな存在であったジャック・ド・サボア (在位 1533~85) ,「三アンリの戦い」で活躍したシャルル・エマニュエル・ド・サボア (在位 85~95) が有名。 1672年ルイ 14世の弟フィリップが公領を得,以後のヌムール公領はオルレアン (公家) の封土となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android