ヌメリイグチ(滑猪口)(読み)ヌメリイグチ(英語表記)Suillus luteus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌメリイグチ(滑猪口)
ヌメリイグチ
Suillus luteus

担子菌類マツタケ目アミタケ科。夏から秋にかけて,カラマツなど針葉樹林下の落ち葉の中に発生する。傘は4~13cm,半球形ないし扁平な丸山形。表面は黄褐色ないし暗赤褐色,粘質物におおわれなめらかである。柄は高さ4~6cm,径7~20mmで (つば) があり,鍔から上は黄色,下部は褐色の斑点をもつ白色。若いものは食べられる。北海道より本州,九州にわたって産し,ヨーロッパシベリア,南・北アメリカオーストラリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android