コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーリシエ Nourissier, François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーリシエ
Nourissier, François

[生]1927.5.18. パリ
フランスの小説家。『灰色の水』L'Eau grise (1951) ,『オトゥイユの孤児』 Les Orphelins d'Auteuil (56) などののち,自伝的小説『夜のように青く』 Bleu comme la nuit (58) ,『あるプチ・ブルジョア』 Un petit bourgeois (64) ,『あるフランス史』 Une histoire française (65) で自己のスタイルを確立。ほかに『死』 La Crève (70) ,『アルマンド』 Allemande (73) ,大作『雲の帝国』L'Empire des nuages (81) など。『ヌーベル・リテレール』誌や『フィガロ』紙の文芸時評家としても知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌーリシエの関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android