ヌーリー・アッサイード(英語表記)Nūrī al‐Sa‘īd

世界大百科事典 第2版の解説

ヌーリー・アッサイード【Nūrī al‐Sa‘īd】

1888‐1958
イラクの政治家。バグダード出身でスンナ派のムスリム。オスマン帝国の軍人となるが,1916年アラブ反乱に参加。21年イギリスがファイサル1世をイラク国王に据えるとともに,イラクの軍参謀長,ついで国防相となり,30年首相に就任。翌年の対英条約で〈独立〉の形式を整え,以後頑強な親英派指導者として政権の中枢に位置し続け,アラブ統合計画やバグダード条約成立の立役者となったが,58年7月の革命で殺害された。首都の民衆は墓をあばいて遺体を市中で引き回した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android