コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーリー・アッサイード Nūrī al‐Sa‘īd

世界大百科事典 第2版の解説

ヌーリー・アッサイード【Nūrī al‐Sa‘īd】

1888‐1958
イラクの政治家。バグダード出身でスンナ派のムスリム。オスマン帝国の軍人となるが,1916年アラブ反乱に参加。21年イギリスがファイサル1世をイラク国王に据えるとともに,イラクの軍参謀長,ついで国防相となり,30年首相に就任。翌年の対英条約で〈独立〉の形式を整え,以後頑強な親英派指導者として政権の中枢に位置し続け,アラブ統合計画やバグダード条約成立の立役者となったが,58年7月の革命で殺害された。首都の民衆は墓をあばいて遺体を市中で引き回した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヌーリー・アッサイードの関連キーワードファイサルイラク革命

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android