コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌール・ウッディーン ヌール・ウッディーン Nūr al-Dīn Maḥmūd

1件 の用語解説(ヌール・ウッディーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌール・ウッディーン
ヌール・ウッディーン
Nūr al-Dīn Maḥmūd

[生]1118.2.
[没]1174.5.15. ダマスカス
西アジアザンギー朝の君主 (在位 1146~74) 。同朝の創始者ザンギーの子で,父の没後,兄が上メソポタミア地方を,彼はシリア地方を分割統治した。十字軍エデッサ伯領のジョスラン2世,アンチオキア公領のボエモン3世,トリポリ伯領のレイモン3世を次々と破ってその領土の大部分を奪う一方,近隣のイスラム諸国も併合した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌール・ウッディーンの関連キーワードアルキル基階乗スターリングの補間公式リーマン幾何学エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone