コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌール・ウッディーン ヌール・ウッディーンNūr al-Dīn Maḥmūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌール・ウッディーン
Nūr al-Dīn Maḥmūd

[生]1118.2.
[没]1174.5.15. ダマスカス
西アジア,ザンギー朝の君主 (在位 1146~74) 。同朝の創始者ザンギーの子で,父の没後,兄が上メソポタミア地方を,彼はシリア地方を分割統治した。十字軍エデッサ伯領のジョスラン2世,アンチオキア公領のボエモン3世,トリポリ伯領のレイモン3世を次々と破ってその領土の大部分を奪う一方,近隣のイスラム諸国も併合した。また腹心をエジプトファーティマ朝の宰相として送り込み,事実上支配した。その宰相の甥,サラディンが,エジプトの支配権を継承し,アイユーブ朝をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌール・ウッディーンの関連キーワードゲラシウス2世グレゴリウス8世鳥取二十世紀梨記念館トマス・ベケットアレクシオス[1世]元永アレクシウス1世パスカリス2世ボゴミル派ACジャパン