コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオニコチノイド系農薬

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネオニコチノイド系農薬

ニコチンに似た化学構造を持つ物質を成分とする農薬で、1990年代から使われ始めた。植物に浸透し、効果が長く続く特徴がある。人体への害は少ないとされ、国内外で広く普及している一方、昆虫体内に入ると神経伝達をかくらんし、興奮状態が続いて死に至るとされる。

(2015-05-30 朝日新聞 朝刊 栃木全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ネオニコチノイド系農薬の関連キーワードニコチン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android