コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオプラスティシズム neo-plasticism

デジタル大辞泉の解説

ネオ‐プラスティシズム(neo-plasticism)

《「ネオプラスチシズム」とも》1917年、オランダの画家モンドリアンが唱えた絵画思想。絵を垂直線・水平線と三原色で構成し、造形上の純粋な表現を追求した。新造形主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ネオプラスティシズムの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦ロマノフ朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android