ネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)(読み)ねくらーそふ(英語表記)Николай Алексеевич Некрасов/Nikolay Alekseevich Nekrasov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)
ねくらーそふ
Николай Алексеевич Некрасов/Nikolay Alekseevich Nekrasov
(1821―1877)

ロシアの詩人、ジャーナリスト。地主貴族で軍人の父とポーランド系の母の間に、ウクライナの父の勤務地で生まれる。父の退役後ボルガ上流のヤロスラブリに近い父の領地に移り、幼年時代を過ごした。ヤロスラブリで初・中等教育を受けた(1832~37)のち1838年ペテルブルグ(ソ連時代のレニングラード)へ出る。幼年学校への入学を期待した父に背いて、ペテルブルグ大学の聴講生になった(1839~40)ため仕送りを断たれ、極貧のうちに首都の最下層民の生活を身をもって体験した。生活の資を得るため売文稼業に励み、処女詩集『夢と響』(1840)は不評であったが、笑劇は上演されて好評を博した。41年から『文学新聞』や『祖国雑記』誌に批評家として登場、大きな反響をよんだ。ジャーナリストとしての活動は、ベリンスキーゲルツェンツルゲーネフ、ドストエフスキーらの参加を得て編集し、自然派の文学的宣言ともなった『ペテルブルグの生理学』(1845)、『ペテルブルグ文集』(1846)によって芽を吹き、パナーエフとともに『同時代人』誌を購入し共同編集するに至って大きく開花した(1847~66)。同誌の事実上の主宰者となったネクラーソフは、ツルゲーネフ、トルストイをはじめ多くの有望作家に誌面を提供し、社会学的文芸批評を論争的に展開するチェルヌィシェフスキー、ドブロリューボフなど急進的批評家に好んでページを与えて文壇論壇の話題をさらい、多数の購読者を獲得していった。しかし、50年代末には執筆陣に分裂が生じ、60年代にそれが激化すると、ネクラーソフは急進派を支持し、ツルゲーネフ、トルストイ、ボトキンら穏健派は同誌を去る一方、やがて強まった政治的反動によって『同時代人』誌も永久停刊の処分を受けた(1866)。失意のネクラーソフは、しかし2年後に経営不振の『祖国雑記』誌を譲り受け、サルティコフ・シチェドリンを共同編集者に招いて事業を終生継続した。

 この間詩人としてのネクラーソフは、公衆の面前で鞭(むち)打たれる女に自らのミューズをみた1840年代なかば以来、一貫して虐げられた「小さな人々」の苦悩と悲哀に満ちた世界という、ロシア詩の新生面を開拓していった。ロシア市民詩派の詩的宣言である『詩人と市民』(1855~56)は、詩人である前に市民たれと説いて純粋芸術を排し、『大玄関わきでの黙想』(1858)では、春の出水より深く、民衆の悲哀に浸されるロシアを詠嘆し、『赤鼻のマロース』(1863)では、病死の夫を慕って、けなげに美しく生を消滅させた農婦を切々と描き、史詩『デカブリストの妻』(1871~72)では、歴史の陰に隠れてはいるが夫にまして英雄的なロシア女の偉業と忍耐をたたえた。これらの代表作を含む多くの作品は民衆の生活に取材し、民衆が前面に現れ、民衆の表現と語り口を多用する新しいことばで書かれた。その集大成である『ロシアは誰(だれ)に住みよいか』(1866~76)は7人の百姓が道端で議論を始め、ロシアでけっこうな暮らしをしている者を捜して歩くという構成の長大な叙事詩で、市民詩派のバイブル的作品となった。

 最晩年詩人は癌(がん)に冒され病床にあったが、この間に詠まれた短詩群『最期の歌』や、友人の妻パナーエワとの不倫の恋を歌ったシリーズなどは、ネクラーソフが自らの人格の二重性に苦悩する繊細な叙情詩人でもあったことを如実に示している。

[島田 

『谷耕平訳『デカブリストの妻』(岩波文庫)』『谷耕平訳『ロシヤは誰に住みよいか』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android