コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコヤナギ(猫柳) ネコヤナギSalix gracilistyla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネコヤナギ(猫柳)
ネコヤナギ
Salix gracilistyla

ヤナギ科の落葉低木で,カワヤナギまたはエノコロヤナギともいう。アジアの温帯に広く分布し,日本各地の山地の渓流の水辺や平地の川岸などに生え,人家の庭にも植えられている。高さ 2mほどで,根もとから多数分枝する。葉は長楕円形ないし披針形で,縁に微細な鋸歯がある。新葉には初め絹毛が密生するが,のちに上面は無毛となり,下面は絹毛が残って灰白色を帯びる。雌雄異株。早春に,新葉より先に尾状花序をなして,多数の無花被の小花をつける。花序には白銀色の絹毛が密生して美しいため,生け花に用いる。雄花はおしべ1本で基部に蜜腺が1個あり,雌花もめしべ1本と蜜腺1個から成る。本種は日本に自生するヤナギのなかで,最も早く開花する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ネコヤナギ(猫柳)の関連キーワードヤナギ(柳)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android