ネコ草(読み)ねこぐさ

世界大百科事典内のネコ草の言及

【ネコ(猫)】より

…ネコが摂取した草は,これらの被毛をからませて吐き出す役割をしていることは確かのようである。現在は室内飼育のネコ用に,鉢植えの〈ネコ草〉が市販されている。 歯は岳状の典型的な切縁歯(せつえんし)で鋭く,動物の皮膚や筋肉を引き裂くのに適している。…

※「ネコ草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android