コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミザメ(鼠鮫) ネズミザメLamna ditropis

世界大百科事典 第2版の解説

ネズミザメ【ネズミザメ(鼠鮫) Lamna ditropis】

ネズミザメ目ネズミザメ科の海産魚。名は眼が丸く顔つきがネズミに似ていることに由来する。別名ラクダザメ。東北地方ではマフカ(真鱶)がなまったといわれるモウカのほうが通りがよい。英名はporbeagleで,porpoise(イルカ)とbeagle(ビーグル犬)の合成語とされる。salmon sharkともいう。近縁種ニシネズミザメは南北大西洋やインド洋に分布するが,本種は西は日本近海からアレウト列島,東はカリフォルニアからアラスカまでの北太平洋域に分布が限定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android