コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッタイチョウ(熱帯鳥) ネッタイチョウ

百科事典マイペディアの解説

ネッタイチョウ(熱帯鳥)【ネッタイチョウ】

ネッタイチョウ科の鳥の総称。3種ある。尾羽が細長く,大きさは一般にハトくらい。熱帯海域に分布。海上を飛びながら,餌を探し,急降下して魚を捕らえる。日本ではアカオネッタイチョウ翼長32cm)が硫黄列島,南鳥島で繁殖し,シラオネッタイチョウ(翼長27cm)が小笠原群島,硫黄列島などにまれに渡来する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネッタイチョウ【ネッタイチョウ(熱帯鳥) tropicbird】

ペリカン目ネッタイチョウ科Phaethontidaeの鳥の総称。この仲間は中型の海鳥で,世界の熱帯や亜熱帯海域に広く分布し,1属3種に分類される。全長81~100cm(長い尾を除いた全長は41~61cm),羽色は全体白色で,体の上面に小黒斑があったり,翼に黒斑をもつものもある。中央の2枚の尾羽が著しく長くのび全長の約半分に達する。この細長い尾を吹き流して,求愛飛翔(ひしよう)を行う。くちばしはやや太めで,先端がとがり,種によって赤色か黄色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android